Loading...

_CERAMICS_

油滴天目と山茶碗

油が水面に散ったような模様に見える「油滴天目」をはじめ、南宋時代(12〜13世紀)に、中国・建窯で作られた天目茶碗は、どれも完成された美しさと、そのものが持つ風格がすばらしく、器がまとうオーラに圧倒されるほどです。その「器」が持つ風格、オーラを自身の作品にも反映させたいと考え、生涯をかけたライフワークとして、古典の天目・青磁の釉薬の研究を行っています。

油滴天目茶碗
南宋時代・12-13世紀
建窯
大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション)
写真:六田知弘

また一方で、無釉陶器・山茶碗をはじめとする、日用品として生まれた雑器にも深い魅力を感じています。おおらかで健康的、自然の素材をそのまま生かしたような器こそ、焼き物の原点なのではないでしょうか。

私は、この相反するようにも思える両者を、一つの作品の中で表現できたらと思っています。